「遠隔地を結ぶ災害ボランティアセンター運営訓練」に講師として出席しました

2月26日に魚沼市社会福祉協議会様、文京区社会福祉協議会様主催の「遠隔地を結ぶ災害ボランティアセンター運営訓練」に講師として長井と小島が出席させていただきました。

魚沼市社協様と文京区社協様は令和2年に災害時の相互協力に関する協定を結ばれており、共に平時の社協業務においてkintoneを活用されています。

今回の研修会は魚沼市社協、文京区社協の職員の方を中心に、近隣社協職員の方や行政の方など約70名の方にご参加いただきました。研修会前から、参加者の皆様には事前登録や活動仮予約の体験をしていただきました。当日は災害ボランティアセンター運営アプリのご紹介をさせていただいた後に各グループに分かれ、実際にできそうなICTを活用した遠隔地からのサポートや、遠隔地からこんなサポートをしてもらえたらいいなと思うことについて話し合いました。

今後も合同研修会やkintoneを使ったやりとりなど、継続的に行っていきます。